ZuluLogo.JPG

日本語完全対応!

革新的なFXの自動売買システムです。

あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せてみませんか?
腕に覚えのある人はプロバイダ登録してコミッションを稼いでみませんか?
0.5pips/lotなので1スタンダードロットごと1シグナルで約5ドルになります。
100スタンダードロットになれば1シグナルで何と500ドル!!
登録はすぐに出来シグナルを出すのに費用や自分の口座は一切必要ありません。
すべて無料です!


(Beat the Gorillasも参戦中 キーワードは"ともだち")


Beat the Gorillasを訪ねていただきありがとうございますm(_ _)m


名前は私が学んでいるクラスの主催者が執筆した本の一節からアイディアを得ました。

曰く・・・


相場には2種類の生物が居ます。一つは800パウンドもあるようなゴリラ達、そしてその周りをうろうろしている小さなサル、つまり私たち個人トレーダー達です。

相場はゴリラ達が動かしています。小さなサルには相場を動かす力はありません。ゴリラに逆らおうと立ちはだかってもそのまま押し潰されてしまうでしょう。ただしゴリラ達は重く動きが遅いのです。

私達は相場に逆らってはいけません。ゴリラ達が落とすバナナを彼らが気づく前に拾うのです。

と言う事で実はBeat出来ない訳ですが(笑)マーケットを動かすゴリラ達に負けないように、という意味で

Beat the Gorillas

と名付けました。

2009年06月21日

簡単な危険プロバイダの見分け方

Zuluの場合ですがプロバイダを探す際に獲得PIPSのグラフを見て探す人も多いかと思います。で、右肩上がりのグラフで一見良さそうなプロバイダでも、

1.勝率が90%以上
2.トレード履歴の中に最大含み損が数百PIPSのトレードがが結構な数ある

この二つを満たした場合、高い確率でポジションが大きくマイナスになってもプラスになるのを待つタイプの危険プロバイダだと言えます。右肩あがりなのは利確しかしないからです。

ま、Zuluを使い込んでいる方には常識かも知れませんが購読者数でソートして見てみるとこの手のプロバイダが人気があるので敢えて書いてみました。

又、プロバイダの中には途中で路線を変えている場合もあるようです。現在最大購読者数を誇るPro-B5ですが昔は結構ひどいトレードしてました(笑)しかし最近は説明文でもストップをタイトにしたと書いていて結構堅実になっている印象を受けます。

その代わりトレード数も激減してますが(^^;

ま、正直これだけ購読者が居ればリスクを取って失敗し購読者を失うより回数や獲得PIPSは減ってもいいから手堅く取っていきたい気持ちも分かります。多分このプロバイダは1シグナルで数百ドル、もしかしたら1000ドル以上のコミッションをもらっているかもしれません。

シグナル毎のコミッションだとこうなってしまうのはしょうがないと思います。報酬体系については獲得PIPSが一番いいのでしょうがその場合はサイズコントロールが出来るのがプロバイダ側としては絶対条件になります。又トレードメッセンジャーの様に一つのパイを獲得PIPSで分けるというのではあんまりです(笑)

月額制の場合プロバイダは楽ですが結果が悪くてもユーザーは一定の額をすでに支払ってるのでユーザー側は一番納得できないでしょう。プロバイダがトレードしなくてもお金を取られますし。

という事で現時点では各方式それぞれに何かしらの問題があるように思います。それにしてもシグナルサービスはどんどん増えてます。プロバイダ側としては選択肢が増えていいのですが安易に乗ってお金を失うユーザーも増えるのでは無いかと心配もしてます。
 
posted by Beat the Gorillas at 12:47| Comment(7) | TrackBack(0) | シグナルサービス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chipotle

Beat the Gorillasはテキサスの小さな町に住んでいます。前の仕事の関係でここに来たのですが専業になる為に退社した後も同じ所に住んでます。

理由は生活費が安いのとテキサスの気候が好きだからです(雹が降るのだけは困りますが)。前の仕事の友達も住んでいてパーティーとか色々誘ってくれます。

しかし問題は

日本の食材屋が無い(^^;

簡単な物はWalMartなどで売ってますが本格的な物はありません。仕事してた時はしょっちゅう出張で大都市に行ってたのでその時に買ってきたりしてましたが、専業になってからは一ヶ月に一度程度一番近い大きな町に買い出しに行くようにしてます。

ま、別に大した物を買うわけではないのですが日頃家にこもりがちなので気分転換も兼ねてます。

そしてその時のもう一つの楽しみが

Chipotleに行く事です!(^^)/  http://www.chipotle.com/#/flash/food_menu

Chipotle(チャポーレと発音します)というのはブリトーと呼ばれるメキシカンの食べ物を提供するフランチャイズなのですが一般なブリトーではなく



のようなブリトーが出て来ます(笑)中身も普通のと違って豆やライス、Fajitaと言われる野菜炒めを入れたりします。おいしく値段もお手頃でおなかも一杯になるのですごく人気です。ただし私の町にはありませんorz

実は最初行った時は一緒に行ったアメリカ人が頼んだのと同じのを頼んであまりおいしくありませんでしたがあるメニューを見つけてからはもう病みつきになりました。

よってChipotleでは一つのメニューしか頼みません。それは

Chiken fajita burrito + Corn salsa + Sour cream + Letucce
です。その場で食べる以外にもいくつかテイクアウトして家で冷凍しておき後で食べます(^^;

日本にはまだ進出してないと思いますがアメリカ旅行などで見つけたら是非トライしてみてください。日本人には絶対好みの味だと思います。私はいつもライス多め(Extra rice 追加料金は取られません)で頼みます。

今日も買い出しに行ってゲットしてきました!下の写真がまさしくChiken Fajita Burrito + Corn salsaになってます。サワークリームは好みで外してもいいかもしれません。肉はチキン以外もあります。

Chipotle.JPG
 
posted by Beat the Gorillas at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

Triple Witching

今日はトリプルウィッチングと呼ばれる特殊な日でした。

トリプルウィッチングとは?
http://www.ivtsec.com/terminology/archives/2005/08/post_83.html

それに合わせクラスでは木曜のミッドナイトから金曜の株式市場クローズまで40時間マラソンが開催されました!(^^)/

今回で2回目なんですがいつものNYミッドナイト〜お昼の12時間だけでなく、4人のコーチが3時間ごとのローテーションを組んでぶっ続けでクラスをやります。このイベントに合わせてトライアルで参加した人も含めいつもより多い人数でライブコーチングが行われました。

当然生徒の方は全てに出る事は難しいので自分の都合に合わせて参加するわけですがいつ入ってもクラスをやっているというのは何か不思議です(^^;

NYの午後や東京オープン前などはマーケットが動かないので質問に答えたり色んな基本的なテクニックを解説したりで盛り上がりました。

コーチ達も終わりの方はかなり疲れてましたが非常に献身的で、最後の4時間は1時間毎に全てのコーチが出て来てなかなか感動的です。

マーケットの方は非常に読みにくかったんですが、それでもピンポイントでトレードプランを立てていくコーチ達は流石です。日頃はやらない東京タイム後半のクラスはAsian Fadeのいい例となり、みんな非常に参考になったようです。

私もあまり寝てないのでこれから寝ます。。。zzz
 
posted by Beat the Gorillas at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

You never have "the nuts" in Forex

先日分析したユロドルは月曜に複合H&Sのネックラインを割ってきました。

ところが今日は又ネックラインの上まで戻ってきております(現在再度テスト中ですが)。

ここの手法を読んでおられる方は4H21で反発したのが分かったと思いますがH&Sだけを見て

よし!H&S完成だからショートだ!

と下の方でにポジションを持ってしまうと

どうして上がるんだ〜

となってしまいます(^^;

このようにFXに絶対はありません

またまたホールデムの話で恐縮ですが”NUTS"というのはボードにカードが全部出し終わり絶対に負けない事が確定した手の事を言います。

よってその場合プレーヤーは自分の手が最強である事を相手に悟られないようにし、何とか最大のチップを相手から引き出そうとします。

その際に、もし相手も相当強い手を持っていたら自分より強い手が存在している事を忘れラッキーとばかりにリレイズ、オールインしてあっという間にすっからかん・・・。良くある光景です(^^;

FXにNUTSは存在しません。

H&Sが完成したからといってそのまま下落するかどうかは分からないのです。本来であればネックラインのリテストでショートが定石ですがその際に

これは絶対に下がるはず(o^-')b

と上がっていくプライスを見ているようですと先ほどのオールインしたプレーヤと同じ道を歩む事になるかもしれません。

クラスに参加している強いトレーダーは決してそのような楽観的な行動を取りません。常に自分が間違えていたら、という事を考えサインが見えたら逃げるのを躊躇しません。その後、自分のバイアスがやはり正しいと思えばエントリーし直すだけです。

今日の場合、リテストのショートは損切りしたものの4H21での反転を確認して再度ショートする、という感じでした。ついでにそこまではロングもしてしまう強者も居ますが・・・(笑)

どんなにテクニカルがサインを出しても100%そうなるとは限りません。盲目的に信じるのは避けたいものです。

具体的にどうしたらいいかというと
・15分足で見たその前のスイングの上値、下値を割ってきた
・21EMAでの反発で入った場合は55EMAを越えてきた(各時間足)
・フィボナッチリトレースメントで入った場合は78.6戻し or 全戻しを割ってきた(各時間足)
このような判断方法がクラスでは一般的に使われています。

損切りの遅れがFXでは一番問題を引き起こします。早めに損切りすれば取り返すのは難しくありません。

傷を深くしないよう気をつけてください。
 
posted by Beat the Gorillas at 02:40| Comment(4) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

What is the "Beast"?

ちょっとしたクイズをやってみたいと思います(^^)/
為替の通貨ペアにはあだ名がついている物がいくつかあります。例えば、

Cable
これはポンドルの事です。

Swissy
こちらはドルスイ。

Aussie(AUD/USD), Kiwi(NZD/USD)などもありますね。ユロドルは単純にEuroと呼ばれる事が多いようです。ドル円も特にあだ名はありません。

さてクラスでずっとライブコーチングが行われて来た中で、クラス内でのみ通用するあだ名が生まれました。何のペアかあててみてください。
1. Beast (野獣)

2. Yo-Yo (ヨーヨー)

正解は”続きを読む”で。背景色と同じに色にしてますのでカーソルをドラッグして見てください。
 続きを読む
posted by Beat the Gorillas at 04:27| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。