ZuluLogo.JPG

日本語完全対応!

革新的なFXの自動売買システムです。

あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せてみませんか?
腕に覚えのある人はプロバイダ登録してコミッションを稼いでみませんか?
0.5pips/lotなので1スタンダードロットごと1シグナルで約5ドルになります。
100スタンダードロットになれば1シグナルで何と500ドル!!
登録はすぐに出来シグナルを出すのに費用や自分の口座は一切必要ありません。
すべて無料です!


(Beat the Gorillasも参戦中 キーワードは"ともだち")


Beat the Gorillasを訪ねていただきありがとうございますm(_ _)m


名前は私が学んでいるクラスの主催者が執筆した本の一節からアイディアを得ました。

曰く・・・


相場には2種類の生物が居ます。一つは800パウンドもあるようなゴリラ達、そしてその周りをうろうろしている小さなサル、つまり私たち個人トレーダー達です。

相場はゴリラ達が動かしています。小さなサルには相場を動かす力はありません。ゴリラに逆らおうと立ちはだかってもそのまま押し潰されてしまうでしょう。ただしゴリラ達は重く動きが遅いのです。

私達は相場に逆らってはいけません。ゴリラ達が落とすバナナを彼らが気づく前に拾うのです。

と言う事で実はBeat出来ない訳ですが(笑)マーケットを動かすゴリラ達に負けないように、という意味で

Beat the Gorillas

と名付けました。

2009年06月14日

Why is it so hard to make money in FX?

最近シグナルサービスの話題が続きましたので少しはトレードの話を(^^;

061309 EU4H.JPG

ユロドルの4H足です。先週早々にH&Sのターゲット(最初の赤丸)に達したユロドルはその後乱高下しました。上に抜けそうに見えて下がり、かといって下を破る訳でも無く又上がりとトレンドフォロータイプのトレーダーには難しい相場だったのではないでしょうか?特にNY午前はもう屍の山だったかも・・・。

最初のH&Sをヘッドにした複合H&Sが現在進行中にも見えますがそこでは激しいゴリラ達のバトルが繰り広げられているに違いありません。

大きな赤丸で示されているように後半は大きな幅のレンジになってます。

クラスの基本スタイルもトレンドフォローのプルバックエントリーですからプルバックを待ってエントリーを
したつもりが結局リバーサルだったいうのが頻発し、多くの人が苦戦していたようです。もちろんカウンタートレンドの手法もありますが上級者向けとされております。逆張りの危険性は多くの方が知っていると思います。

このような相場ではうまく利益が出たらあまり我慢して利を伸ばそうとせず数十PIPSの利益をコツコツ積み重ねていく方式の方がいいでしょう。又、小さな時間足のテクニカルが機能しない時は大きな時間足のチャートでトレードプランを立てる必要が出て来ます。実際チャートで見て分かるように4Hのトレンドラインは機能してました。

最後トレンドラインをブレークしLLを達成したプライスが何故あそこで大きく反発したかお分かりでしょうか?ポイントは二つありますが一つはこのチャートを見ても分かりません。ちょっと考えてみてください。

答えはこの記事の最後の”続きを読む”からどうぞ。


さて、FXで100%負け続けている人は居ないはずです。勝てる時は簡単に勝てるもんです(笑)では、何故ロングランで勝つのが難しいか、というとそれは

難しい相場で無理にトレードして損を肥大化させるから
というケースが多いと思われます。今週後半のユロドルトレードはまさしくそのいい例だと思います。

そしてその後は損の穴埋めに時間を費やし戻ってきたあたりで又
大きな損失


以下繰り返しというのが初心者が良く陥るパターンでは無いでしょうか?・・・(^^;

トータルで勝っていくためにはこの悪循環から抜け出さなくてはなりません。その為には

大負けしない事
が大事な訳です。

しかし実際は難しい相場で損をするとどんどん頭に血が上り、止めた方がいいのは分かっているのにトレードを繰り返す。そして気が付いたらしばらく取り戻せそうにも無い損をしている。

この感情的な行動は人間の本性として防ぐ事は出来ないのかもしれません。だからこそその事を真剣に理解しコントロールする事が求められます。どんな手法でも100%常に正しい事はあり得ません。よって例え数が少なくても必ず訪れる、

自分が間違っている時にどう対応出来るか
FXで大損しないために一番重要なのはこれにつきると思います。マーケットは毎日同じではありません。損切りが続くなど難しい相場と分かればしばらく時間を空けるのも一手です。何か他の事をしてチャートを見続けないようにすると結構頭が切り替わるもんです。ロンドンだったらNY、NY午前だったらNY午後になれば分かり易い相場になるかもしれません。

とにかく熱くなってトレードをひたすら繰り返す、これだけは止めるよう自分なりの方法を見つけないといけません。一度に大金を失うと取り返すのは非常に時間がかかります。

続きを読む
posted by Beat the Gorillas at 08:25| Comment(4) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。