ZuluLogo.JPG

日本語完全対応!

革新的なFXの自動売買システムです。

あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せてみませんか?
腕に覚えのある人はプロバイダ登録してコミッションを稼いでみませんか?
0.5pips/lotなので1スタンダードロットごと1シグナルで約5ドルになります。
100スタンダードロットになれば1シグナルで何と500ドル!!
登録はすぐに出来シグナルを出すのに費用や自分の口座は一切必要ありません。
すべて無料です!


(Beat the Gorillasも参戦中 キーワードは"ともだち")


Beat the Gorillasを訪ねていただきありがとうございますm(_ _)m


名前は私が学んでいるクラスの主催者が執筆した本の一節からアイディアを得ました。

曰く・・・


相場には2種類の生物が居ます。一つは800パウンドもあるようなゴリラ達、そしてその周りをうろうろしている小さなサル、つまり私たち個人トレーダー達です。

相場はゴリラ達が動かしています。小さなサルには相場を動かす力はありません。ゴリラに逆らおうと立ちはだかってもそのまま押し潰されてしまうでしょう。ただしゴリラ達は重く動きが遅いのです。

私達は相場に逆らってはいけません。ゴリラ達が落とすバナナを彼らが気づく前に拾うのです。

と言う事で実はBeat出来ない訳ですが(笑)マーケットを動かすゴリラ達に負けないように、という意味で

Beat the Gorillas

と名付けました。

2009年01月14日

チャートの裏にあるもの (引っ越し元からの転載です)

チャートだけを毎日見ていると忘れがちになりますが、為替レートは別に自分の意志を持って動いている訳では無く、その後ろには実需、機関投資家、個人投資家、中央銀行などの取引がある訳です。あくまで相場を動かしているのは人間です(自動売買もありますけど)。


テクニカルが何で機能するか、というと基本的に


みんなが使うから


です。だから誰も知らない魔法のシステムを見つけたら勝てるようになる、というのは間違ってます。それよりも


Gorilla達はどんな指標を見ているのだろう、どんなインディケーターを使っているのだろう

という事を考えた方がずっと役に立ちます。彼らがどこでポジションを取り、どこで利確しそうか予測出来ればそれに便乗できるからです。

続きを読む前に”ぽちっ”と人気ブログランキング(別窓表示)

ヘッジファンドなどは4時間足以上の長期のチャートをメインで見ていると言われています。よってそれらのチャート上での重要ポイントは押さえておく必要があります。デイトレであればもっと短期のチャートを見ます。フラクタルジオメトリーと言ってそれぞれのチャートの見方は基本的に同じです。


又、一般に言われている事が正しいのかどうかについても注意が必要です。NY午後5時が相場の切り替わりである、と書かれてる事が多いですが、先物市場であるCMEはNY午後6時でその日の取引が終わりますし、ヘッジファンドはロンドンMidnightを起点にしているとも言われています。

インディケーターのパラメーターにしても基本として言われているパラメーターがそのまま通用しない事も多いです。

そして重要なのは色んなインディケーターが重複しているような場所は強いサポート、レジスタンスになる事が多いです(オーバーラップと呼んでます)。

何故かというと、違うテクニカルを使っている色んなトレーダーがオーバーラップしているポイントで同じ行動を取る事になるからです。逆に言えばみんなが使いそうなインディケーターを見ていく事によりどこが強いサポート、レジスタンスになりそうか予測する事が出来ます。

クラスでは複数の時間足チャート上で、複数のMA、ビジュアルS&R、トレンドライン、フィボナッチリトレースメント・エクステンション、日足ピボット、週足ピボットなどを見ながらどこにサポート、レジスタンスがあるかを考えます。他にもBB、MACD、ストキャスも見ます。どれか一つのインディケーターに頼るのでは無く、全てのインディケーターの情報が色んな事を補完して相場の現在の状況を教えてくれます。

正直言って非常に複雑です(笑)別に全部使わなくてもトレードは出来ます。ただし、全てが有機的に結合されるようになると相場で何が起きているのかかなり正確に分かるようになります。色んなインディケーターを使いすぎるとコンフリクトしまくってトレードに入れないんじゃないか、と思うかもしれませんが実際は状況に応じてどのインディケーターが使えるか選択するような感じになります。それは


トレードチャンスを見つける引き出しが増える


という事であり


トレードすべきでない状況が分かる


という事であり


今あるポジションを閉じた方がいい状況が分かる


という事です。


結局、勝っているトレーダーとそうで無いトレーダーを分けているのは


勝てる可能性の高い時だけトレードしている


かどうかです。俗に言うエッジです。エッジのある時は一日の中で限られていますがそれなりにあります。ただ「待つ」事が出来るようになる事が成功するトレーダーになるのには欠かせません。


トレーダーの仕事の80%はチャンスを待つ事である


「ポジポジ病」は絶対に直さないといけません




ブログランキングに参加してみました。
これからの展開に期待している!という方は是非クリックしてくださいm(_ _)m

人気ブログランキングへ
posted by Beat the Gorillas at 21:27| Comment(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。