ZuluLogo.JPG

日本語完全対応!

革新的なFXの自動売買システムです。

あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せてみませんか?
腕に覚えのある人はプロバイダ登録してコミッションを稼いでみませんか?
0.5pips/lotなので1スタンダードロットごと1シグナルで約5ドルになります。
100スタンダードロットになれば1シグナルで何と500ドル!!
登録はすぐに出来シグナルを出すのに費用や自分の口座は一切必要ありません。
すべて無料です!


(Beat the Gorillasも参戦中 キーワードは"ともだち")


Beat the Gorillasを訪ねていただきありがとうございますm(_ _)m


名前は私が学んでいるクラスの主催者が執筆した本の一節からアイディアを得ました。

曰く・・・


相場には2種類の生物が居ます。一つは800パウンドもあるようなゴリラ達、そしてその周りをうろうろしている小さなサル、つまり私たち個人トレーダー達です。

相場はゴリラ達が動かしています。小さなサルには相場を動かす力はありません。ゴリラに逆らおうと立ちはだかってもそのまま押し潰されてしまうでしょう。ただしゴリラ達は重く動きが遅いのです。

私達は相場に逆らってはいけません。ゴリラ達が落とすバナナを彼らが気づく前に拾うのです。

と言う事で実はBeat出来ない訳ですが(笑)マーケットを動かすゴリラ達に負けないように、という意味で

Beat the Gorillas

と名付けました。

2009年01月23日

Anything can happen in forex

クラスでは「3つのC」として次の事を習います。

Capital Preservation (自分の資産の保護)

Capital Acquisition (最低限の利益の確保)

Capital Appreciation (最大限の利益の追求)


その中でも一番大事なのが最初の"Capital Preservation"です。

続きを読む前に”ぽちっ”と人気ブログランキング(別窓表示)

Capital Preservation とはつまり

次のトレードまで生き延びろ!

という事です。こつこつと利益を出していたのにたった一回の失敗で大きな損失を出した経験がみなさんあるのでは無いでしょうか?

又「いつか戻ってくるはず」と我慢に我慢を重ねて最後に損切った所がピークだった・・・こういう経験をされた事もあるかと思います。

まずはチャート上の重要なポイントを抑えトレードプランを立て、適切なストップロスとそれに応じたサイズの設定が不可欠な訳です。


メンタルが大事

と良く言いますがそれはトレードプランがきちんと立てられるようになった後の話です。

損切りをきちんとしろ

とも言いますがストップをどこに置くべきか分かって無ければただの損切り貧乏になってしまいます。



さてトレードに入った後、うまく思い通りに利益が出てきたとします。


ある程度の利益が出たら次に考えなければならない事は

自分のポジションを守る

という事です。

次の表を見てください。

zulutrade.JPG

これはZuleTradeというサイトで見つけたあるシグナルプロバイダのトレード結果です。

このサイトは面白くてユーザー同士でシグナルの提供、それに従った売買がシステムとして提供されてます。

もしユーザーが提携ブローカーでライブアカウントを開き自分の気に入ったシグナルプロバイダとリンクさせてトレードを行うとトレードサイズに応じてユーザーからプロバイダ側にコミッションが支払われます。

サイトは提携ブローカーからのキャッシュバックで儲けを出してます。

私も試しに登録してやってみましたが、シグナルプロバイダ側としては

ポジションのサイズがコントロールが出来ない
ストップ・リミットの場所が現在の値から20PIPS以上離れていないといけない

クォートが数秒おきにしか出ず実際のプライスが分からない
ポジションクローズがワンクリックで出来ずしかも失敗することがある

など自分のスタイルからすると非常にやりずらい部分がありました。一応ユーザーの意見を聞いて少しずつ改良されているようですが。

ランキングを見てみるとすごい勝率でコンスタントに結果を出しているプロバイダも居て感心します。人気プロバイダには数百人のユーザーが居ます。ただそんな上位の中にも損切りを我慢して小さな利益で利確している感じの危なっかしいプロバイダも居るので注意が必要でしょう。

表の内訳は左から

売買内容
取引ペア
エントリー価格
エントリー時間
エグジット価格
トレード中の最大プラス
トレード中の最大マイナス
損益
今までのトータル損益

となってます。見てみると多くの取引は一度かなりのプラスになっているのにも関わらず最終的な損益は全てマイナス。もしかしたらユーザーを損させるためにわざとやってるのかもしれません(笑)

ともあれ、このようなトレードは非常に勿体ない。

もちろん長期トレードの場合プラス20がプラス100とか200とかになる場合もありますが利益がいくらか出たら必ずそのポジションを最低でもブレークイーブンでプロテクトする事が必要になります。


ストップを動かしたらそれを狩った後に自分の思った方向に行くんじゃないか?


と思う人も居るかもしれません。もちろんそういうケースは起こりえます。

クラスでもどのようにストップを動かすのがいいかいつも議論されてますが、これだ!という解決方法は無いのが現状です。一般的にあまりにブレークイーブンで終わる事が多いのは

エントリーするタイミングが遅すぎる
ストップを動かすのが早すぎる

というのが原因の事が多いですが、心配な場合は

プルバックしそうな場所に来たら一部のポジションを利確して最低限の利益を確保する
残りのポジションはブレークイーブンで更に利益を狙う


という妥協案もあります。

ともあれ、

一度かなりのプラスになったトレードがマイナスで終わるのは何かが間違っている


という意識を持っておくことは相場を生き残る上でとても重要だと思います。

どっかの有名なサイトのように「一時はすごい含み益があったのにポジションをプロテクトする事もせずスワップがもらえるからと放置した結果どうなったか」見れば、せめて買値でストップを置くべきだったと思うのは私だけでしょうか。


キャリートレードとはスワップ収入を目的としたトレード手法ですが、

買値を大きく下回っているのをスワップで補てんしていくもの

ではありません。最初の段階でのストップロスの場所はかなり離れているでしょうが、もしキャピタルゲインがかなり出たならポジションをプロテクトするのはキャリートレードでも同様に行うべきです。

ストップ無しのトレードが可能なのは

ジムロジャーズ

くらいの資金があり尚かつ戦略的にポジションを立てられる人の話でしょう(笑)彼は自分で「世界で一番トレードのタイミングを見極めるのが下手くそ」と言ってますがそれを補うほどの長期的な視点と投資手法を持っているのでしょう。

しかしトレードのレバレッジがあがり、期間が短期になればなるほど

タイミングが命

になります。よって一般のトレーダーがジムの言う事を聞いて単純に従っていると大変な事になりますから注意しましょう。

次は残りの"Capital Acquisition""Capital Appreciation"について話をしたいと思います。


ブログランキングに参加してみました。
これからの展開に期待している!という方は是非クリックしてくださいm(_ _)m


人気ブログランキングへ
posted by Beat the Gorillas at 06:49| Comment(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。