ZuluLogo.JPG

日本語完全対応!

革新的なFXの自動売買システムです。

あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せてみませんか?
腕に覚えのある人はプロバイダ登録してコミッションを稼いでみませんか?
0.5pips/lotなので1スタンダードロットごと1シグナルで約5ドルになります。
100スタンダードロットになれば1シグナルで何と500ドル!!
登録はすぐに出来シグナルを出すのに費用や自分の口座は一切必要ありません。
すべて無料です!


(Beat the Gorillasも参戦中 キーワードは"ともだち")


Beat the Gorillasを訪ねていただきありがとうございますm(_ _)m


名前は私が学んでいるクラスの主催者が執筆した本の一節からアイディアを得ました。

曰く・・・


相場には2種類の生物が居ます。一つは800パウンドもあるようなゴリラ達、そしてその周りをうろうろしている小さなサル、つまり私たち個人トレーダー達です。

相場はゴリラ達が動かしています。小さなサルには相場を動かす力はありません。ゴリラに逆らおうと立ちはだかってもそのまま押し潰されてしまうでしょう。ただしゴリラ達は重く動きが遅いのです。

私達は相場に逆らってはいけません。ゴリラ達が落とすバナナを彼らが気づく前に拾うのです。

と言う事で実はBeat出来ない訳ですが(笑)マーケットを動かすゴリラ達に負けないように、という意味で

Beat the Gorillas

と名付けました。

2009年02月15日

Time is another indicator

テクニカル分析、ファンダメンタル分析、マーケットには様々な分析手法があります。

良くテクニカル派、ファンダメンタル派と言ったりしますが二つを切り離して考えるのはあまり意味がありません。どちらも無視できず、又完璧でも無いからです。

例えば何か大きなサプライズがあればテクニカルは覆されますし、かと言ってファンダメンタルだけでトレードをしてもタイミングが全然分かりません。

ファンダメンタルにも金利政策などのように長期で影響を及ぼす物から指標などのように比較的短期でしか効果が無いものがあります。

指標直後のマーケットはエモーショナルな動きであってそこに秩序はありません。先週のNFPではユロドルが上抜け、下抜けを繰り返しました。その中でトレードをした人は買い手も売り手も損をしたかもしれません。


テクニカルはマーケットが理性的である必要がある


という事が言えると思います。


さて、マーケットは売買をする人が居なければ成立しません。そして十分な参加者が居なければやはりテクニカルは機能しなくなります。


そこで重要になるのが

マーケット時間

と言う事になります。



続きを読む前に”ぽちっ”と(別窓で表示)
人気ブログランキング
FXランキング
一日の中でも取引が活発になる時とそうでない時があります。又、マーケットは一日中同じ動きをする訳ではありません。

マーケットは大きく分けて

東京タイム

ロンドンタイム

NYタイム


と言われますが実際に一番値段が動くのは

ロンドンオープン〜ロンドンクローズ

の時が多いです。

特にロンドンオープン前の1,2時間前からロンドンランチ間での時間帯はトレンドが発生しやすくクラスでもこの時間帯のトレードが一番人気があります。

日本の方はいいですがこの時間帯アメリカでは深夜にあたり、多くのトレーダーは昼夜逆転のような生活を強いられます(^^;

ただ、ロンドンオープン前には悪名高き

プリロンドンフェイクアウト

と言われる騙しの動きがある事もありますのでロンドンオープンが近づいてくると注意が必要です。


Forexには株式のようなオフィシャルの相場は存在せず全体の取引高を見ることは出来ませんが、ECNと呼ばれるタイプの業者を使えばその業者が参加している取引場の取引量を見ることは可能です。

一番手っ取り早いのはDukascopyのHPで見ることでしょうか。
http://www.dukascopy.com/

又、ボリンジャーバンドを見ることにより相場が活性化してきたかどうかを計ることも可能です。


ともかく


どんなテクニカル分析も時間が伴わなければ有効でない


と言う点に注意しなければなりません。

細かく分けると一日の中のマーケットでは

東京オープン (9:00 JST)
ロンドンオープン (8:00GMT)
ロンドンランチ (11:00GMT)
NYオープン (8AM ET)
指標および米国商品、株式相場オープン (8:30ET, 9:00ET, 9:30ET, 10:00ET)
ロンドンクローズ (16:30 GMT)
アメリカ株式クローズ (17:00 ET)

などの節目が存在しその前後で相場の動きが加速、反転してしまう可能性が出てきます。他にもヨーロッパの指標でその該当通貨が影響を受けます。

又、NYオープン〜ロンドンクローズまではヨーロッパとアメリカのトレーダーが両方活動しますから取引量は多いのかもしれませんが、オープン後指標、商品相場、株式市場など様々な外乱要因が発生しその度に相場は右往左往します。

ゴリラ同士が激しく殴り合っている状態ですからわれわれモンキー達は踏み潰されないよう気をつけなければなりません。


では、又。


ブログランキングに参加してみました。
これからの展開に期待している!という方は是非クリックしてくださいm(_ _)m

人気ブログランキングへ
FXランキング
posted by Beat the Gorillas at 11:15| Comment(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。