ZuluLogo.JPG

日本語完全対応!

革新的なFXの自動売買システムです。

あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せてみませんか?
腕に覚えのある人はプロバイダ登録してコミッションを稼いでみませんか?
0.5pips/lotなので1スタンダードロットごと1シグナルで約5ドルになります。
100スタンダードロットになれば1シグナルで何と500ドル!!
登録はすぐに出来シグナルを出すのに費用や自分の口座は一切必要ありません。
すべて無料です!


(Beat the Gorillasも参戦中 キーワードは"ともだち")


Beat the Gorillasを訪ねていただきありがとうございますm(_ _)m


名前は私が学んでいるクラスの主催者が執筆した本の一節からアイディアを得ました。

曰く・・・


相場には2種類の生物が居ます。一つは800パウンドもあるようなゴリラ達、そしてその周りをうろうろしている小さなサル、つまり私たち個人トレーダー達です。

相場はゴリラ達が動かしています。小さなサルには相場を動かす力はありません。ゴリラに逆らおうと立ちはだかってもそのまま押し潰されてしまうでしょう。ただしゴリラ達は重く動きが遅いのです。

私達は相場に逆らってはいけません。ゴリラ達が落とすバナナを彼らが気づく前に拾うのです。

と言う事で実はBeat出来ない訳ですが(笑)マーケットを動かすゴリラ達に負けないように、という意味で

Beat the Gorillas

と名付けました。

2009年10月28日

四半期の業績発表も終わり

利益確定により株式下落、ドル高という流れになってます。

基本的に想定していたシナリオどおりなんですが・・・個人的に色々と忙しく殆どトレード出来てませんorz

昨日のユロドルなんかは典型的なフィボエントリーになったのですごいチャンスでした。38.2戻し、更にDailyのCPPもオーバーラップしたのでクラスで学んでいる人にはclassic entryだったと思います。

ずっとドル安の流れが続いていたのでロングを考えていた人も多かったのかもしれません。トレンドが変わる時は

・HL, HHと来ていた流れがLH、LLになる(アップトレンドの場合)
というのが基本ですが
・HL, HHの後いきなりLLが来る

という場合も多々あります。今回の場合は上値が重くなってきた状況でのLLでした。

ともあれこういう場合我々がまず考えるのはフィボプルバックでのエントリーです。LLになった時点ではもっと大きな時間足ではアップトレンドでのプルバックの状況になってる可能性もあるのでそこでのショートエントリーは危険度が高いと言えるでしょうし、ロングの場合も1時間足でLLになっているという事実からエントリー場所には慎重になる必要があります。

実際、下落は一旦日足の21EMA&以前の高値でサポートされプルバックしましたがその後更に下落しました。。

1027 EU1H.JPG

このあたりの値動きの仕組みを理解できないと値段を追いかけて損切りを繰り返すという事にもなりかねません。

もちろん更に下落したのは後付で分かる事でもしかしたら123パターンで上昇してた可能性もあります。重要なのは常により安全なエントリー場所を考えるという所にあります。

後から見てただショートしてれば良かった、というのは簡単ですがそれは単なる結果論にすぎません。クラスでも一番良くないのはきちんとした理由無しにしたトレードがうまく行く事だ、と言われます。

結果的にうまく行った、駄目だったという事に一喜一憂するのではなくそれぞれのトレードに明確な根拠を持つようにする事の方が大事でしょう。
 

posted by Beat the Gorillas at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131403837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。