ZuluLogo.JPG

日本語完全対応!

革新的なFXの自動売買システムです。

あなたの口座をFXのスペシャリストに運用を任せてみませんか?
腕に覚えのある人はプロバイダ登録してコミッションを稼いでみませんか?
0.5pips/lotなので1スタンダードロットごと1シグナルで約5ドルになります。
100スタンダードロットになれば1シグナルで何と500ドル!!
登録はすぐに出来シグナルを出すのに費用や自分の口座は一切必要ありません。
すべて無料です!


(Beat the Gorillasも参戦中 キーワードは"ともだち")


Beat the Gorillasを訪ねていただきありがとうございますm(_ _)m


名前は私が学んでいるクラスの主催者が執筆した本の一節からアイディアを得ました。

曰く・・・


相場には2種類の生物が居ます。一つは800パウンドもあるようなゴリラ達、そしてその周りをうろうろしている小さなサル、つまり私たち個人トレーダー達です。

相場はゴリラ達が動かしています。小さなサルには相場を動かす力はありません。ゴリラに逆らおうと立ちはだかってもそのまま押し潰されてしまうでしょう。ただしゴリラ達は重く動きが遅いのです。

私達は相場に逆らってはいけません。ゴリラ達が落とすバナナを彼らが気づく前に拾うのです。

と言う事で実はBeat出来ない訳ですが(笑)マーケットを動かすゴリラ達に負けないように、という意味で

Beat the Gorillas

と名付けました。

2009年10月02日

あのSuper Traderがついに!!

私がブログを始めてもうしばらくすると1年になろうとしてますが(ヤフー時代も含めて)少なくてもアフィリ目的やセールス目的でブログをやってる訳ではないことは分かっていただけたと思います(^^)/

巷にほんとに有効なのかどうか分からない手法や情報が溢れている中、少なくても自分が実際に見聞きした中で「これは本物だ!」と思う情報や手法を記事にしてきました。

とは言え私自身は全然大した事ありません。もう結果が出たので書きますが某シグナルサービスのデモに挑戦したものの全く結果を出せず不採用になったようです(^^;最後は連絡も来なくなりました。

言い訳はしたくないですが正直言って

複数のシグナルサービスなんか出来ません!(笑)

という事でシグナルの方はこれからもZuluのみで細々とやって行きたいと思います(^^;

色々システム的には問題のあるZuluですがシグナルごとの報酬というのはシグナルを無理に出す必要が無いという点で非常にいいと思います。休暇の際も別に引け目を感じる事ありませんし。前は月額制の方がいい、と書いてましたが考えが変わりました。

そう言えば以前からデモ疑惑のあった某有名トレーダーが雑誌でデモ認定されたようですね(^^;

さてそんな中、あのスーパートレーダーもBlogを始めました(関連記事)。

http://smartpip.blogspot.com/

もちろん英語なのですが興味のある方は是非訪ねてみてください。本物の常勝トレーダーが何をどう考えてトレードしているのか色々書いていってくれると思います。


 
posted by Beat the Gorillas at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

What makes you a better trader?

久しぶりのトレード手法記事です(^^;

最近のマーケットでは頻繁にリバースが発生しておりプルバックエントリーはうまく行かない事が多くなってます。

昨日もNFP後ドル高になった後でプルバックのショートを狙ってましたが結果はリバースしてしまい微益に終わってます。Zuluでもユロドルをショートしましたがうまく下がらず少しのプラスで撤退しました。

このように現実のトレードで難しいのはプラン通りにプライスが動かなかった時の対応です。

テクニカル分析を学習してエントリーポイントがうまくなってもその後プライスがどこまで思った方向に進むのかは正直分かりません。順張り、逆張りエントリー方法は一つではありませんがそれぞれに想定される値動きをあらかじめ考えどう対応するか準備しておく事が大事になってきます。

Zuluではユロドルでしたがポンドルの方が説明し易いので実際のチャートで少し解説してみたいと思います。

続きを読む
posted by Beat the Gorillas at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

Why did the price stop there?

金曜日にアメリカ株式が再び下を目指しクロス円も連れて下げました。

このままナイアガラか!?
と注目されていた方も多いかもしれません。株の方はH&Sのネックラインあたりをうろうろしておりいつ大下落を始めるかも知れなかったからです。

しかし金曜もある時点で急に反発しその後は戻り基調になってしまいました。クロス円だけ見ていると気がつかないのですがそれには大きな理由がありました。

090710UJ4H.JPG

ドル円の4時間足です。水曜日のボトムとダブルボトムを形成してます。クラスでもコーチがこの点を指摘し円ペアショートの人間に注意を促してました。そして1分足で見ると

090710 UJ 1M.JPG

ダブルボトムをつけた途端凄まじい買い圧力がかかっているのが分かります。そしてもう一度下を狙いに行きますがHL、ここで勝負ありという感じです。その後ショートしていた人たちが利確にまわり値段はどんどん上がっていくった訳です。

もしダブルボトムでロングを狙っていた人が居たらこのHLがエントリーポイントになります。ストップはLL、リスクは10PIPS程度しかありません。

このように短い時間足のチャートを見ることにより大きな時間足での現象のもっと具体的な動きを知ることが可能になります。そしてHLでのロングは最小のリスクで最大の結果を得られるようなエントリータイミングです。

ただし、短い時間足だけでトレードしてはダブルボトムに気がつかずショート一辺倒になったかもしれません。

色んな時間足のチャートをチェックする事の大事さがこの例からでも分かりますね(^^)/
 
posted by Beat the Gorillas at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

You never have "the nuts" in Forex

先日分析したユロドルは月曜に複合H&Sのネックラインを割ってきました。

ところが今日は又ネックラインの上まで戻ってきております(現在再度テスト中ですが)。

ここの手法を読んでおられる方は4H21で反発したのが分かったと思いますがH&Sだけを見て

よし!H&S完成だからショートだ!

と下の方でにポジションを持ってしまうと

どうして上がるんだ〜

となってしまいます(^^;

このようにFXに絶対はありません

またまたホールデムの話で恐縮ですが”NUTS"というのはボードにカードが全部出し終わり絶対に負けない事が確定した手の事を言います。

よってその場合プレーヤーは自分の手が最強である事を相手に悟られないようにし、何とか最大のチップを相手から引き出そうとします。

その際に、もし相手も相当強い手を持っていたら自分より強い手が存在している事を忘れラッキーとばかりにリレイズ、オールインしてあっという間にすっからかん・・・。良くある光景です(^^;

FXにNUTSは存在しません。

H&Sが完成したからといってそのまま下落するかどうかは分からないのです。本来であればネックラインのリテストでショートが定石ですがその際に

これは絶対に下がるはず(o^-')b

と上がっていくプライスを見ているようですと先ほどのオールインしたプレーヤと同じ道を歩む事になるかもしれません。

クラスに参加している強いトレーダーは決してそのような楽観的な行動を取りません。常に自分が間違えていたら、という事を考えサインが見えたら逃げるのを躊躇しません。その後、自分のバイアスがやはり正しいと思えばエントリーし直すだけです。

今日の場合、リテストのショートは損切りしたものの4H21での反転を確認して再度ショートする、という感じでした。ついでにそこまではロングもしてしまう強者も居ますが・・・(笑)

どんなにテクニカルがサインを出しても100%そうなるとは限りません。盲目的に信じるのは避けたいものです。

具体的にどうしたらいいかというと
・15分足で見たその前のスイングの上値、下値を割ってきた
・21EMAでの反発で入った場合は55EMAを越えてきた(各時間足)
・フィボナッチリトレースメントで入った場合は78.6戻し or 全戻しを割ってきた(各時間足)
このような判断方法がクラスでは一般的に使われています。

損切りの遅れがFXでは一番問題を引き起こします。早めに損切りすれば取り返すのは難しくありません。

傷を深くしないよう気をつけてください。
 
posted by Beat the Gorillas at 02:40| Comment(4) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

Why is it so hard to make money in FX?

最近シグナルサービスの話題が続きましたので少しはトレードの話を(^^;

061309 EU4H.JPG

ユロドルの4H足です。先週早々にH&Sのターゲット(最初の赤丸)に達したユロドルはその後乱高下しました。上に抜けそうに見えて下がり、かといって下を破る訳でも無く又上がりとトレンドフォロータイプのトレーダーには難しい相場だったのではないでしょうか?特にNY午前はもう屍の山だったかも・・・。

最初のH&Sをヘッドにした複合H&Sが現在進行中にも見えますがそこでは激しいゴリラ達のバトルが繰り広げられているに違いありません。

大きな赤丸で示されているように後半は大きな幅のレンジになってます。

クラスの基本スタイルもトレンドフォローのプルバックエントリーですからプルバックを待ってエントリーを
したつもりが結局リバーサルだったいうのが頻発し、多くの人が苦戦していたようです。もちろんカウンタートレンドの手法もありますが上級者向けとされております。逆張りの危険性は多くの方が知っていると思います。

このような相場ではうまく利益が出たらあまり我慢して利を伸ばそうとせず数十PIPSの利益をコツコツ積み重ねていく方式の方がいいでしょう。又、小さな時間足のテクニカルが機能しない時は大きな時間足のチャートでトレードプランを立てる必要が出て来ます。実際チャートで見て分かるように4Hのトレンドラインは機能してました。

最後トレンドラインをブレークしLLを達成したプライスが何故あそこで大きく反発したかお分かりでしょうか?ポイントは二つありますが一つはこのチャートを見ても分かりません。ちょっと考えてみてください。

答えはこの記事の最後の”続きを読む”からどうぞ。


さて、FXで100%負け続けている人は居ないはずです。勝てる時は簡単に勝てるもんです(笑)では、何故ロングランで勝つのが難しいか、というとそれは

難しい相場で無理にトレードして損を肥大化させるから
というケースが多いと思われます。今週後半のユロドルトレードはまさしくそのいい例だと思います。

そしてその後は損の穴埋めに時間を費やし戻ってきたあたりで又
大きな損失


以下繰り返しというのが初心者が良く陥るパターンでは無いでしょうか?・・・(^^;

トータルで勝っていくためにはこの悪循環から抜け出さなくてはなりません。その為には

大負けしない事
が大事な訳です。

しかし実際は難しい相場で損をするとどんどん頭に血が上り、止めた方がいいのは分かっているのにトレードを繰り返す。そして気が付いたらしばらく取り戻せそうにも無い損をしている。

この感情的な行動は人間の本性として防ぐ事は出来ないのかもしれません。だからこそその事を真剣に理解しコントロールする事が求められます。どんな手法でも100%常に正しい事はあり得ません。よって例え数が少なくても必ず訪れる、

自分が間違っている時にどう対応出来るか
FXで大損しないために一番重要なのはこれにつきると思います。マーケットは毎日同じではありません。損切りが続くなど難しい相場と分かればしばらく時間を空けるのも一手です。何か他の事をしてチャートを見続けないようにすると結構頭が切り替わるもんです。ロンドンだったらNY、NY午前だったらNY午後になれば分かり易い相場になるかもしれません。

とにかく熱くなってトレードをひたすら繰り返す、これだけは止めるよう自分なりの方法を見つけないといけません。一度に大金を失うと取り返すのは非常に時間がかかります。

続きを読む
posted by Beat the Gorillas at 08:25| Comment(4) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。